葉酸のサプリメント

妊娠中の妊婦さんに効果的な【葉酸サプリメント】おすすめランキング
ドクターズチョイス オーガニック天然葉酸
ドクターズチョイスのオーガニック天然葉酸は安心・安全・ピュアな葉酸をお求めの方に!天然オーガニックレモンを原材料にした添加物不使用の天然サプリだから副作用の心配はありません。赤ちゃんのために天然にこだわりたいと考えるお母さんが行き着く本物の天然オーガニック葉酸サプリ。大人気です!
ベルタ葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリは赤ちゃんに必要な葉酸だけでなく、女性の美と健康に必要な栄養を詰め込んだ欲張りサプリです。成分は天然由来だから妊娠中も安心なのはもちろん、日頃の美容・健康維持に長く使用する方にもおすすめ。赤ちゃんの健康だけでなく、美しく元気なママを目指す方に大人気の葉酸サプリです。
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
女性100人の声から生まれた葉酸サプリはその名の通り女性の声に応えたやさしいサプリメント。飲みやすさに気を遣った小さな錠剤で摂取量を細かく調節できるから、その日の体調、食べたものに合わせてどなたにもぴったりサポート。お財布にも優しい1本あたり1,800円というお手頃価格も大事なポイントです。

葉酸とは?

夏になると貧血に気を付ける必要があるそうですね。なんでも、暑さのせいで食欲が無くなることにより、ビタミンが欠乏しやすくなるみたいです。ちなみに、意識して摂取した方が良いビタミンとしては、ビタミンBの一種である葉酸が挙げられるそうです。

でも葉酸ってあまり馴染みの無いビタミンですよね。ならそんなに重要じゃないのでは、とも思ったのですが、実際はDNAを構成している核酸の合成に必要不可欠なのだとか。そのため、葉酸が不足すると、DNAの合成障害が原因で悪性の貧血を患ってしまうのだそうです。貧血って元々の体質のせいだったり、疲労のせいだったりと色々原因がありますけど、この葉酸不足の貧血はなんだか重そうですね。

また、葉酸には他にも皮膚粘膜や口内粘膜の強化をする働きもあるため、やはりちゃんと摂取しないと、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢などの症状も引き起こされるみたいです。夏にこれらのどれか1つにでもなるとちょっと辛いですよね。とりあえず、葉酸をたくさん含む野菜を調べてそれを食べるようにしようと思います。

葉酸を含む食べ物って?

ビタミンBの一種である葉酸。妊婦や授乳中ではなければ、普通の食事をしているだけで十分身体に必要な量は摂取できるみたいですが、夏の季節になると、夏バテで栄養バランスが偏るため、一時的に葉酸不足になってしまい、貧血などを患ってしまう人も実は多いとのこと。そのため、夏は何時もより少しだけ意識して、葉酸を食事で摂取するよう心掛けた方が良いそうです。

その葉酸を含む食べ物ですが、トップ3は鶏・牛・豚のレバーでした。次にウナギの肝、続いてウニと…ちょっと継続的に食べるのは難しそうなものばかりですね。調理手段も限られますし、そもそも好き嫌いの別れやすい食材でもありますから。

でもそれよりちょっと下に行くと、枝豆やホウレン草、アスパラ、菜の花なども書いてあったので、これを毎日どれか食事に取り入れるようにすれば十分と思われます。どれも夏でも入手できる食材で、かつ癖が少ない分どんな調理もできますから。ちなみに我が家には今ホウレン草がたくさんあるので、明日はそれでお浸しでもしようかなと思っています。

ビタミンBの葉酸とは?

夏はとにかくビタミンを多く摂るよう言われますよね。まぁ油断すると夏って、暑くて面倒だからと、気が付くと素麺ばかり食べてたりしますからね。中でも、ビタミンBである葉酸は、特に意識して摂取する方が栄養素の1つだそうです。水溶性ビタミンであるため、汗や尿で体外に排出されやすいからみたいです。

ところで、その葉酸ですが、不足するとどうなるのでしょうか。調べてみたところ、別に風邪などの病気にかかりやすくなることは無いそうです。ただ、葉酸はDNDの素に不可欠な物質を合成しているらしく、そのため葉酸が減るとDNAの合成障害で悪性貧血になってしまうのだとか。夏に貧血を患うのは辛いですよね。

とりあえずとしては、夏ってただでさえ暑いせいで汗をかきやすいですから、その分多く葉酸は摂取するようにした方が良さそうですね。なので、夏の間は最低でも1食に1種類は葉酸を含んだ食材を取り入れようと思います。さて葉酸を含んだ食品にはどういったものがあるのでしょうか?できればマニアックな食材じゃなきゃ良いんですけど。

葉酸が抽出された最初の食材とは?

葉酸ってあまり聞き慣れませんけど、身体にとってはとても大事なビタミンだそうですね。なんでも、DNAの合成に携わっているらしく、葉酸が不足するとDNA合成障害により悪性の貧血を発症してしまうのだとか。本当に、知名度は低い割に身体への影響は大きいんですね。

さて、その葉酸ですが、最初にこれが発見された食材は意外なものでした。それは、ほうれん草。ものすごく意外かつ身近な野菜ですよね。この葉っぱから抽出されたのが、葉酸の始まりだったそうです。そのため、今でも葉酸を多く含んでいる野菜として、ほうれん草はトップクラスに数えられています。

食材のジャンルを外すと、葉酸含有量食材トップには豚レバーや鳥レバーや牛レバーが入りますけど、絶対こっちよりはホウレン草の方が食べやすいですよね。レバーって癖のある味なため好き嫌いが分かれますけど、ほうれん草だと別にそれ自体味の面で自己主張するものじゃありませんから。なので、本格的な夏に入ったら私もホウレン草をなるべく頻繁に食べるようにします。

葉酸の妊娠に関する効果

妊娠中は、葉酸を摂取することがよく推奨されるそうですね。最初それを聞いた時は、妊娠中は貧血になりやすいからかな、と何となく思ったのですが、実際は胎児の発育に関連しているみたいです。

妊婦さんだと、妊娠3か月までホウレン草を400ug(大体ホウレン草2束分くらいの量です、お浸しとかにしたら簡単に食べれそうですね)摂取すると良いそうなのですが、これには胎児の神経管奇形や、染色体異常で起こるダウン症などを予防する効果があるみたいなんです。

また、妊娠前段階でも効果はあるみたいで、男性が葉酸を摂取することで精子の染色体異常を減らすこともできるそうです。加えて、精子の質の向上にもつながるため、妊娠を希望する場合も男性は葉酸を摂取しておいた方が良いみたいです。となると、妊娠して健康な子供を産みたい場合は、妊娠を目指して性交渉をするもっと前段階、つまりは日頃から葉酸を意識して摂取しておくのが重要ということなんですね。